パテック・フィリップスーパーコピー針金をつけるエナメル芸術

ジュネーブ古い伝統見守る者として、パテック・フィリップスーパーコピーはずっと4つ多い世紀来時計とと関係がある手作業技巧を保護するに力を尽くして、針金をつけるエナメル便は中一つです。
針金をつけるエナメルは通常輝いているカラー装飾物を作りに用いて、演繹しだしてステンド・ガラス濃厚な効果に似通います。厚さを0.15~0.20ミリメートル等しくない超薄「金糸」ために対象ベースメタルへりまで(に)溶接して、作って異なる図案色グロックをもたらして、それからそ中フィル各種色エナメル粉末にあって、また入れてストーブ中で火であぶって、粉末溶けます。火であぶる時、異なる色、異なる温度と時間を運用するが必要で、技巧はきわめて高さだすべてパテック・フィリップエナメル作品、すべて収集家達貴重な品になります。
パテック・フィリップ型番2481、1957年につくって、唯一バラ金”ヨーロッパとアジア地図”エナメル彩色上絵時計 ブランド メンズ 高級に現存するであるべきです。そ他に同様に「ヨーロッパとアジア地図」エナメル彩色上絵を使って、1モデル型番2841世界時18K黄金腕時計、現在永久存放ジュネーブパテック・フィリップ博物館内、みんなに鑑賞するように供えます。

Summary
Review Date
Reviewed Item
パテック・フィリップスーパーコピー針金をつけるエナメル芸術
Author Rating
51star1star1star1star1star